福田ボイスセンター
福田ボイスセンター設立にあたって
 この度、青山耳鼻咽喉科に付属してボイスセンターが作られ、私が責任者として着任することになりました。もともとは慶應義塾大学でのどに関する喉頭グループを率いていましたがそれの発展型と考えています。今度できるボイスセンターにも私のほかに慶應時代の仲間が参集いたします。
 臨床的な内容としては、喉頭(のど)疾患が対象ですが、とくに声の不調を訴える音声障害、例えば声帯にポリープや腫瘍が生じて声が嗄れたり、声帯といういわば人の楽器に異常が無いのに声がスムースに出ないなども対象です。またのどの大事な機能である呼吸や嚥下の問題にも対応いたします。
 私の経験では、歌手やアナウンサー、教師といった、声を沢山使う、いわば声が命と考えられる人が、このような超専門的施設を訪れることになりますが、そのほか食道、肺、心臓や甲状腺などの悪性腫瘍が原因で声が嗄れる場合も重要な対象です。また趣味的にカラオケを歌いすぎての声の障害などもあります。ちなみにカラオケポリープという名称は私がつくったものです。
 ストロボスコープなど喉頭の内視鏡も充実していますのでまず声を聞いて内視鏡で観察すればほぼその場で診断ができ、治療方針も決定されます。
 私の基本的方針は全ての医療行為に苦痛や不快感を発生させないこと、そして迅速に治療を完成させることです。また、私は慶應病院でも、のどの外来に参加していますので、手術対応も容易で、また呼吸器や食道あるいは形成外科的な専門家が必要な場合でも慶應と一体化した体制となっています。
オペ写真
 青山耳鼻咽喉科のスタッフも明るくきびきびした雰囲気でこのようなところに皆様をお呼びしてお悩みを解決できることは私の望外の喜びです。のどでお悩みがあればどのような内容でもご相談に対応し、適切な方法を立てることが出来るよう最大の努力をする、それが私の使命と考えます。

福田ボイスセンター センター長 紹介
慶應義塾大学医学部非常勤講師 医学博士
福田 宏之 (ふくだ ひろゆき)  
診療方針
学歴
慶應義塾大学医学部卒業
慶應義塾大学医学部耳鼻咽喉科学教室入局
米国エール大学喉頭科学研究室リサーチアソシエート(John A.Kirchner)

経歴
慶應義塾大学医学部 講師(耳鼻咽喉科学)
慶應義塾大学医学部 助教授(耳鼻咽喉科学)
慶應義塾大学病院 副診療部長(耳鼻咽喉科)
国際医療福祉大学 教授
国際医療福祉大学 東京ボイスセンター所長
慶應義塾大学医学部 客員教授(耳鼻咽喉科学)
東海大学医学部非常勤教授
慶應義塾大学医学部非常勤講師

資格
日本耳鼻咽喉科学会専門医
日本気管食道科学会専門医

現在の職位
日本喉頭科学会理事
日本音声言語医学会監事
日本気管食道科学会顧問
日本耳鼻咽喉科学会参与
日本耳鼻咽喉科学会東京地方部会名誉代議員
日本耳鼻咽喉科学会東京都城東地区顧問
世界気管食道科学会評議員
東アジア音声外科研究会名誉会員
東日本音声外科研究会名誉会員
ニッポン放送番組審議員
銀鈴会(喉摘者の法人組織)特別常任顧問


診察のご案内
診察スケジュール
診察日は第1、第3木曜日となります。
診察時間は
PM13:30~PM16:00
となっております。

診察の受付方法
お電話にて、診察日と時間をご予約お願いしております。
お手数をおかけいたしますが、 下記電話番号
03-3478-8741までお電話ください。
お電話の受付時間:
10:30~14:00(月火水金、第1第3第5土)
15:30~19:00(月火水金)

 

 


ページの先頭へ戻る